EYEBAN

ABOUT EYEVAN

1972年、“着るメガネ”というコンセプトのもと、
EYEVANは日本初のファッションアイウェア
ブランドとして生まれた。

日本の粋と静謐なカルチャーから表現したデザインと、
世界にも誇る精密なクラフトマンシップを根底に、
ファッションアイテムとして身につける
楽しさへの想いを注いだプロダクトは、
1985年にロサンゼルスにある一軒のアイウェアショップ

審美眼によって海を越えてゆくことになる。

それから四半世紀以上経った今、
これまでに培ってきた数多の経験と実績を胸に刻み、
日本のマイスターたちの手による最新技術と
新たな装いをまとい、
ここによみがえる。